close

HOME

お知らせ

会社概要

営業所案内

取扱商品

お問い合わせ

採用情報

TAP KYOTO Challenge Stories

  • お知らせ
  • 会社概要
  • 営業所案内
  • 取扱商品
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • TAP KYOTO Challenge Stories

同期対談

同期対談

ミスを恐れず何でも挑戦できる空気こそが、
私たちの成長への追い風です。

はじめての印象

お互いの印象は?

岩本
話がしやすくて、最初からムードメーカーでしたよね。だから、すぐに打ち解けました。と…思ってます(笑)。入社前にはもう一人の同期と3人でグアム旅行に仲良く行ってましたし。
平原
第一印象は…ちょっと厳しそう、ストイックそう、ツッコミがきつそうかなと実は用心してました(笑)。でもすぐに安心しましたけど。同じノリの人でした。
岩本

会社の印象は?

岩本
女性の年齢層も高いし、ずっと働きやすそうな会社なんだなぁと。後で話を聞くと、産休とか女性のための福利厚生とかすごく良かった。
平原
子供ができても働きやすい会社だと納得です。
平原

1年目のこと

仕事とか、社内とか、どんな感じ?

岩本
電話という相手の顔が見えない中、お客様と関わるので対応に戸惑う毎日でした。元々クルマの知識がまったくないところからのスタートだったのですが、先輩・後輩の距離が近く何でも話せる空気にいつも救われていました。
平原
新車が出るたびに情報を頭の中でアップデートしていかないといけないので、今もそうですが日々勉強です。
岩本
話し方などの研修や資格取得なども、会社は積極的にバックアップしてくれます。どんどん挑戦しなさいという社風ですね。
平原
オフサイトミーティングという、上下関係なく悩みや問題を話し合う会議も月に2回あって本当に助かってます。
岩本
とにかく風通しがいい!一人で抱え込まずに済むので、ミスへの安心感が違うっていうか(笑)。

2年目のいま

自分に、お互いに、日々思うことは?

岩本
やっぱり、お客様への対応の姿勢につきます。どうすれば喜んでいただけるかを、常に自分なりに考えて対応するようになりました。あと、同僚に対してライバル心が良い意味で目覚めたことですね。特に平原さんは向上心が強いので、負けられません(笑)
平原
クルマの知識が増えたことに比例して、お客様への対応にも少し余裕ができて不安がなくなってきたことを実感できます。同僚に対しては、社内試験の結果を見て、「今回もがんばってるな」とかなり悔しかったりします。
平原

これから何をしたいか?どうなりたいか?

岩本
入社してからずっとそうですが、この会社はみんなでバックアップ、フォローアップし合いながら、積極的に前に進む空気があります。これから新しい人が入社しても、その空気は変わりませんし、私もどんどん知識を伝えたり、ノウハウを教えていきたいです。自分が先輩からしてもらったように、何でも話しやすい雰囲気づくりを心がけたいですね。そうすることで、もっと自分を高めていけると思うんですよ。
平原
まず私自身、お客様が求めているものをもっと正確に把握できるようにならなければと…。お客様はもちろんですが、先輩や同僚、後輩に信頼される存在になりたい。そのためにもクルマの知識向上や資格取得などいろんなことに挑戦したい。研修制度も年々良くなっています。後輩にはいつも声をかけて、しっかりと応援していきたいですね。
岩本

会社のこれから

社長のこと

岩本
社長と社員が直接、意見をキャッチボールできる「社長懇談会」というミーティングが部署ごとに行われます。この時は社長に何でも話してOKなんです。社長はすごく話しやすいですし、社風そのものという感じがしますね。ますますポジティブでアットホームな雰囲気の会社になっていくんじゃないですか。
平原

事業のこと

平原
会社の方針として、若い力をもっともっと未来のエネルギーにしていきたいというビジョンもあります。例えば、「未来開拓室」というクルマ事業に関係なく、新たな事業を開拓しようという計画も進行中なんです。会社は、私たちや新しい人のいろんな挑戦を待っていてくれます。がんばりがいがあります。
平原 岩本
中江 俊彦
関 圭佑
渡部 聡
藤矢 涼士
岩本 佑美
平原 夕莉
ページトップ